最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本)

  • 40 読みたい
  • 66 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本) 本 Epub や Pdf 無料, レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本), オンラインで書籍をダウンロードする レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本) 無料で, 本の無料読書 レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  エイミー・ベンダー, 管 啓次郎
    • レーベル:  角川書店単行本
    • 発売日:  2016年07月30日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4336323700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「種明かしをするわけにはいかないので、ここではただ、この本を書いているあいだ、感じやすい(sensitiveである)とはどういうことかについてたくさん考えていた、とだけいっておきましょう」ーーエイミー・ベンダー9歳の誕生日、母がはりきって作ってくれたレモンケーキを一切れ食べた瞬間、ローズは説明のつかない奇妙な味を感じた。不在、飢え、渦、空しさ。それは認めたくない母の感情、母の内側にあるもの。以来、食べるとそれを作った人の感情がたちまち分かる能力を得たローズ。魔法のような、けれど恐ろしくもあるその才能を誰にも言うことなくーー中学生の兄ジョゼフとそのただ一人の友人、ジョージを除いてーーローズは成長してゆく。母の秘密に気づき、父の無関心さを知り、兄が世界から遠ざかってゆくような危うさを感じながら。やがて兄の失踪をきっかけに、ローズは自分の忌々しい才能の秘密を知ることになる。家族を結び付ける、予想外の、世界が揺らいでしまうような秘密を。生のひりつくような痛みと美しさを描く、愛と喪失と希望の物語。

あなたも好きかもしれません

レモンケーキの独特なさびしさ (角川書店単行本) by none ダウンロード PDF EPUB F2