最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書)

  • 72 読みたい
  • 69 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download 国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  横田友宏
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2019年01月17日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000009452
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    乗客・乗員の命という重責を背負う機長は、飛行機の操縦、運航をどのようにマネジメントしているのか。コックピット内で副操縦士と何を話し、日ごろの訓練で若者をどう評価し、育てているのか。予測を超えた天候や飛行条件の変化に備え、自動化・AIなど時代の先端技術と向き合い、長時間にわたり正確な判断力を求められる国際線機長。限界状況での仕事ぶりは、われわれの働き方や生活に多くの示唆を与えてくれる。「いま起こっている事象を見て、それに対処するだけの人間は、決してパイロットにはなれない。兆しの段階でそれを捕まえ、それがいかなるものに発展するかを見極め、対処するために様々な対応を行なっておく。そのため、困った事態は何も起こらず、起こった事態はすでに予測済みのものであり、あらかじめ対策がすでに打ってある。これがパイロットの理想の姿である」。未来を変えるために、将来を予測していま行動するプロフェッショナルの哲学。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

国際線機長の危機対応力 何が起きても動じない人材の育て方 (PHP新書) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2