最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫)

  • 60 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 白石 一文 .

    Download 僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  白石一文
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2019年11月07日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005360
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「どうして自分はあのことを忘れることができないんだろう?」

    剥きだしの叫ぶが響く、著者の初期傑作。


    美しい恋人・枝里子をサプライズで京都に誘った。

    それは、昔の男が住む京都で枝里子の反応を見ようという悪意だったーー。


    東大卒出版社勤務、驚異的な記憶力を持つ「僕」は、同時に3人の女性と関係を持ちながら、誰とも深いつながりを結ぼうとしない。

    その「理屈っぽく嫌味な」言動の奥にあるのは、絶望なのか渇望なのか。

    彼の特異な過去を知った枝里子は。


    「自分の人生にとって本質的なことからは決して逃れられない」


    切実な言葉たちが読む者の胸を貫いてロングセラーとなった傑作が文春文庫に登場。


    解説・窪美澄

あなたも好きかもしれません

僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫) by 白石 一文 ダウンロード PDF EPUB F2