最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックス

  • 65 読みたい
  • 88 現在読んでいるもの

発行元 大西泰斗 .

    Download 壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックス 本 Epub や Pdf 無料, 壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックス, オンラインで書籍をダウンロードする 壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックス 無料で, 本の無料読書 壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックスオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 NHKブックス 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  尾脇秀和
    • シリーズ名:  NHKブックス
    • 発売日:  2019年04月30日
    • 出版社:  NHK出版
    • 商品番号:  4470912560000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    身分制は“建前”に過ぎなかった!

    江戸時代の身分はピラミッド型の「士農工商」で一生変えられない─。こんな“常識”はもう古い! ある時は侍、ある時は百姓、と自在に身分を変える「名もなき男たち」が全国に無数にいた。彼らはなぜ別人に成りすますのか? お上はなぜそれを許容したのか?期待の新鋭が常識を覆す、仰天の日本史!


    序 章 二つの名前をもつ男

    第一章 名前と支配と身分なるもの

    第二章 存在を公認される壱人両名──身分と職分

    第三章 一人で二人の百姓たち──村と百姓の両人別

    第四章 こちらで百姓、あちらで町人──村と町をまたぐ両人別

    第五章 士と庶を兼ねる者たち──両人別ではない二重身分

    第六章 それですべてがうまくいく?──作法・習慣としての壱人両名

    第七章 壊される世界──壱人両名の終焉

    終 章 壱人両名とは何だったのか

あなたも好きかもしれません

壱人両名 江戸日本の知られざる二重身分 by 大西泰斗 ダウンロード PDF EPUB F2